2021.10.20

ぽにレコ独占!Fishmans「いかれたBaby」が突破できなかった壁

ぽにレコ独占!Fishmans「いかれたBaby」が突破できなかった壁

“ここ”でしか聞けない“あんな話”や“こんな話”をお届けするぽにレコの目玉企画「ここばな(ここだけの思い出ばなし)」。

1回目は出会い、2回目はパーソナルにフォーカスしてお届けしてきたFishmansの“ここばな”もいよいよ最終回となりました。ラストは、彼らの真髄でもある音楽についてです。彼らの音楽が今なお支持され続け、また、紆余曲折ありながらも今日まで歩みを止めずに来られたのはメンバーの揺るがない信念があったからこそ。そんなFishmansの芯の部分に迫ります!

取材者Profile

渡辺章

渡辺 章

株式会社フジパシフィックミュージック

野中浩稔

野中 浩稔

株式会社ポニーキャニオン

柏子見公昭

柏子見 公昭

株式会社ポニーキャニオン

当時の「いかれたBaby」は手応え薄!?代わって評判が超絶良かった楽曲とは?

——全3回でお届けしてきたFishmansに関する“ここばな”も今回が最後です。ラストは“音楽”に関する部分をいろいろとお伺いしていきたいと思います。

柏子見:僕は、野中さんが担当されていた『Neo Yankees' Holiday』「Go Go Round This World!」「Melody」の3作品が続く時期は作品パワーもすごかったですし、ライヴも良かったと思っています。少しずつ支持してくれる人も増えはじめていましたし。

野中:今、巷では「いかれたBaby」が代表曲という感じだけど、「いかれたBaby」を先行シングルで出したときって、賛否両論とまでは言わないけど、どちらかと言うと曇り空的な手触りというか、しっとりした曲だから染みる系なんだよね。ただ、その頃って、ラジオでかけたい曲はもう少し突き抜けた感じの曲が良いんじゃないかっていう傾向もあって、「いかれたBaby」の評価はそこそこ良かったんだけど、ラジオでかかったか?と言ったらそうもいかなくて。そういうことがあって、「Go Go Round This World!」を出したときにちょうど前ディレクターが宣伝担当としてFMにすごく情熱を燃やしていたりもしたから、「Go Go Round This World!」の評判がすっごい良かったんだよ。実際、ラジオでもバンバンかかっていて、そこで突破できた感じはあったね。

fishmans

——「Go Go Round This World!」にはリミックスも入っていますね。

野中:会社の意向でリミックスをもっと増やせって言われたんだけど、「それはないっすね」ってメンバーからはバッサリ(笑)。ただ、メンバーはリミックスに懐疑的だったわけでもないんだよね。「Go Go Round This World!」のリミックスバージョンは彼らの後期のライヴアレンジの元になっているから。そういう意味では、外部からの刺激としては良かったと思う。ライヴで「Go Go Round This World!」をCDバージョンと同じアレンジでやろうと思ってもあのノリ、リズムを再現するのは難しいんだよね。でも、リミックスバージョンがヒントになって、それがその後もライヴの定番になっていったわけだからリミックスをやって良かったなって思いましたね。

渡辺:そういえば、「Go Go Round This World!」のジャケ写の帽子のマークは、佐藤(伸治)くんがスタジオでシールを切って貼っていたのを覚えているな。

柏子見:ここら辺からアートディレクションも固まっていった感じですよね。

——タイトルやジャケットデザインはどのくらいメンバーの意向が入っていたんですか?

野中:僕が担当していたときは、タイトルは佐藤くんが決めていたけど、ヴィジュアルの細かいリクエストはそんなになかったな。

渡辺:「Go Go Round This World!」「Melody」で佐藤くんの顔をジャケのメインにするっていうのはどういう経緯から?

野中:メンバーからのリクエストは特になく、どっちかと言うと我々スタッフサイドの意向というか。バンドの知名度がまだまだだったので、佐藤くんのキャラをもっと全面に出していったほうがいいんじゃないかというのをデザイナーさんにぶつけた感じです。

柏子見:『Orange』のCDの初回プレスはメンバーの写真部分がステッカーになっていて、その後プレスされて流通しているのはただの印刷になっていたんですよね。

Orange

——『Orange』のLPレコードはいつからこの写真のジャケットなんですか?

柏子見:これは同時に制作したのですが、最初からCDとレコードとでジャケットが違っていたんです。レコードのジャケットは大阪のラジオ局の海の祭典みたいなイベントで撮影したスナップ写真が使われているんですよ。

「感謝(驚)」制作モデルの真相に迫る!揺るがなかったバンドの結束力

Fishmans

——メディア・レモラス時代後期の『Orange』『Oh! Mountain』あたりで印象深かったことはありますか?

野中:『Orange』の頃は、Fishmansがメディア・レモラスから去ることは決まっていたんだよね。だから、とにかくレモラスのスタッフでできることをやろう!って宣伝のみんなが一丸となって盛り上げたのはすごく覚えている。あと「MY LIFE」がシングルになったけど、当時、もう1曲候補あったよね?

柏子見:「忘れちゃうひととき」ですね。

野中:そうだ!その2曲のどっちが良いかってなって最終的に「MY LIFE」になり、それをプロモーションするためにみんなで集中して奔走していたな。

柏子見:そのときは僕も宣伝担当をやっていて、今日は出席できなかった当時新人だったスタッフがいるんですけど、そのスタッフはやる気満々で、Fishmansも大好きだったので、過去のFishmansの雑誌記事をクリッピングしてまとめた立派なプロモーションブックを作っていたのを覚えていますね。それが後に事務所のファンブックのベースになり、最終的には小学館から発売された『フィッシュマンズ全書』(小学館)のベースにもなったのではないかと思います。

『BLUE TRACKS』1994年発売のアルバム「ORANGE」のプロモーション用CD〈柏子見氏提供〉
『BLUE TRACKS』1994年発売のアルバム「ORANGE」のプロモーション用CD〈柏子見氏提供〉

——Fishmans愛ですね!

渡辺:僕はフジパシフィック音楽出版にいたから、移籍先でも一緒にやれるつもりでいたけど、このタイミングでレモラスに出向することになってFishmansを担当し続けることができなくなってしまったんです。でも、「Go Go Round This World!」「Melody」『Orange』の流れは堂々と移籍できる感じでしたよね!

柏子見:曲のクオリティがすごいですもんね。『Orange』なんて名曲揃いですよ!

野中:「感謝(驚)」が良いよね!

柏子見:ウワサによると「感謝(驚)」って渡辺さんのことをモデルにして書いた曲だとか。

渡辺:この曲はロンドンにレコーディングに行くまでできていなくて、プリプロの段階ではまだなかった曲なんです。なので、僕は知らなかったんですけど、ロンドンから帰ってきてこの曲が入っていて、詞を読んで「感謝(驚)」と書かれていて、ちょっとキュンとしました(笑)。

柏子見:素晴らしいじゃないですか!

渡辺:僕がモデルかはわからないですけどね。

柏子見:メンバーから言われたこともないんですか?

渡辺:特にないですし、佐藤くんも言う人ではないし。

柏子見:都市伝説かもしれませんが、渡辺さんのことを歌ったとなっています。

渡辺:でも、この曲は自分にとっては大事な曲です。

——『映画:フィッシュマンズ』や『僕と魚のブルーズ 評伝フィッシュマンズ』(著書:川﨑大助/イースト・プレス)を拝見したり、みなさんのお話をお伺いしていると、会社、現場、メンバー間などで、少なからず相違や方向性のズレみたいなものがあったのかなと思うのですが、そんな中でもFishmansが今日まで動きを止めずに来られたのはどんな部分が大きかったと思いますか?

野中:デビュー当時は売れ線を意識した方向性で悩むこともあったけど、本当に自分たちのやりたいことをやろう!とメンバーの中で決めて。いろいろな苦労も当然あるわけだけど、佐藤くんの吸引力のもと、バンドとしての結束力が揺るがずにずっと来ていたことが大きいんじゃないかな。

渡辺:最初は結構ちやほやされてデビューして、周りが持ってくるおいしい話に乗っかって、売れたら売れたでいいかなくらいの感じがあったと思うんです。それが全然うまくいかなくて、自分たちのやり方でやっていくんだって決意してからの『Neo Yankees' Holiday』「Go Go Round This World!」「Melody」。ここからは全然ブレていないですからね。

柏子見:僕は今、ストリーミング配信の仕事をしていて、現在でもFishmansの楽曲と向き合っていますが、海外での実績がすごく伸びています。今やFishmansは海外から見た「日本で一番有名なロックバンド」のような状態で、日本語ロックバンドとしてはこれまでになかった新しい次元になりつつあります。夢のような話ですが、欣ちゃん(茂木欣一)たちが海外公演や海外フェスに出演するなんてなったときには、Fishmansの音楽がさらに世界中に広がっていくと感じています。

Oh! Mountain プロモーション用Tシャツ〈渡辺氏提供〉
関連商品はこちら

ポニーキャニオン時代(アルバム、ミニアルバム、マキシシングル)のFishmans年表

  • 1987年 フィッシュマンズ結成
  • 1991年 シングル「ひこうき」でヴァージン・ジャパンよりメジャーデビュー1stアルバム『Chappie, Don’t Cry』ミニアルバム『Corduroy’s Mood』
  • 1992年 2ndアルバム『King Master George』
  • 1993年 ヴァージン・ジャパン社名変更、メディア・レモラスへ移行3rdアルバム『Neo Yankees’ Holiday』
  • 1994年 マキシシングル『Go Go Round This World!』マキシシングル『Melody』4thアルバム『ORANGE』
  • 1995年 ライブ・アルバム『Oh! Mountain』ポリドールへ移籍
より深い年表はこちら